参考図書
さらに現代音楽を勉強したい方は下記の3冊がお勧めです。後に書いてあるほど難易度は高くなります。

マンガ「音楽史」第三巻(音楽の友社)


現代音楽が起きるきっかけや、発展した理由を子供でも理解できるほど分かりやすくマンガで解説しています。

現代音楽小史 ドビュッシーからブーレーズまで
ポール=グリフィス著(音楽の友社)


現代音楽が始めるきっかけである印象派からトータルセリー以降の歴史まで、 詳細に記載。特に戦後の音楽については他の本には見なれない ほど充実しており、中上級者必読の本である。 ただし、著作時期が1970年代であり、それ以降のことは詳細には書かれていない。

現代音楽―1945年以後の前衛
ポール=グリフィス著(音楽の友社)


現代音楽小史で現代音楽の流れをつかんだ段階で読む本。戦後の音楽を前書よりも詳細に解説。トータルセリー以降の歴史を特に勉強したい方向け。